top of page

お知らせ

News

高校生でも進研模試、大幅成績上昇者続出!! Vol.1




One's Academyが開校して4年目を迎えようとしていますが、年々高校生英語コースの人数が増え続けており、中学生同様、高校生もどんどん成績を伸ばしています!


昨年は、泉ヶ丘高校1年生(現2年生)のベネッセ総合学力テスト(英語)で、

7月】 偏差値55.4(学年順位106位)

       ↓

【11月】偏差値64.4(学年順位47位)

       ↓

【1月】 偏差値73.3(学年順位11位)


7ヶ月で偏差値17.7UP!!95人抜き!!

という大幅上昇者が出ました!



今年も上昇した生徒が多数いるのですが、中でも頑張った生徒をご紹介させていただきます!

○泉ヶ丘高校1年生 Bくん ベネッセ総合学力テスト○

【7月】 偏差値48.4(学年順位203位)

       ↓

【11月】偏差値54.7(学年順位110位)

       ↓

【1月】 偏差値62.9(学年順位52位)


5ヵ月で偏差値14.5UP!!151人抜き!!

昨年度の大幅上昇に引き続き、今年も頑張っています!



都城市内のトップ校に通う高校1年生のB君ですが、英語が苦手で昨年の秋にOne's Academyに入塾しました。


中学の時までは英語は特別苦手ではなかったようですが、7月の進研模試では国語・数学・英語の中で、英語の偏差値が最も低く、高校に入って英語に苦手意識が生まれたようでした。


正直なところ、中学内容の文法にも取りこぼしが見つかり、発音や英単語の覚え方にも問題がありました。英語の基礎・基本や勉強の仕方から指導し、こちらの言ったとおりに勉強することを約束しました。


授業での学習姿勢はもちろんのこと、リーディングの読み方・解き方や単語の覚え方・発音など、こちらの指示した通りに頑張ってくれました。


数ヶ月して徐々に結果が出始め、進研模試だけではなく、学校の定期テストや実力テストでも大幅に成績を上げ始めました。今では、英語が最も得意な教科になっているようです。


“進研模試での英語の偏差値70超え”と“共通テストレベルの問題で9割得点する”ことが、2年生での目標だそうです。


高校生は成績が伸びにくいという話も同業者から聞いたことがありますが、正しい努力次第で中学生同様成績は大幅に伸びます。

また、One's Academyでは生徒一人ひとりのレベルや志望校に合わせた単語帳・リーディング教材・リスニング問題を使用しています。時には、必要に応じてアメリカの現地校で使用されるような教材も使用し、個別指導の良い部分を大いに生かして、生徒の目標達成に向けたサポートを行っています😌


まだまだ紹介したい生徒も多数いますので、近々第2弾の投稿もさせていただきます!

今後もワンアカ生の活躍にご期待ください✨

Comments


bottom of page